終点枕崎

プログラミングとvimと音楽と地理

急性腸炎にかかった

急に寒くなったと思えば真夏の天気になったりと、体に優しくないこの頃。風邪が流行っていますね。僕の周りでも数人がダウンしている模様です。

そんな中、空気を読まずに腸炎にかかりました。俗に胃腸風邪とか、ノロウイルスとか言われるやつです。胃腸炎という病気は胃腸に炎症が起こる病気全般を指すっていう中々にガバガバ定義で、原因は大きく分けて2つ、細菌が原因のものとウイルスが原因のものがあるそうです。細菌が引き起こす胃腸炎で、食事が原因になるものは食中毒って言われます。O-157とか有名。原因となるウイルスもいくつか種類があって、ノロウイルスアデノウイルス、他にもたくさんあります。

ウイルスごとの特効薬とかないんで、どのウイルスであっても治療法は変わらないらしいです。なのでどのウイルスが原因か特定する必要はないと。詳しい検査もされませんでした。整腸剤を飲みながら自然治癒を待つしかないらしいです。

同じ病気にかかった人の参考になればということで、病状の経過を記したいと思います。

10/6(金)

サークルに行きました。いつもよりも疲労感が溜まって「ちょっといつもと違うな」と感じました。

10/7(土)

朝起きたら鈍い腹痛が。眠気と倦怠感のせいで、なかなかベッドから起きられませんでした。この時点ではただの腹痛だろうと思っていたのでバイトに行きましたが、いざ働き出すと腹痛と倦怠感で死にそうになりました。4時間働いたのち、上司に言って早めに上がらせてもらいましたが、家に帰るのも精一杯な状態。

ここでカレーを食べるという悪手を打ちました。あとで知りましたが、カレーは胃腸に負担がかかるので胃腸炎の時は食べてはいけないらしいです。

家について秒で眠りに落ちて、3時間後に起床。熱を測ると39.7度。これはまずいことになったと思い、この時間でもやってる病院を探して診察を受けました。
しかし症状を話しても「よくわかんない」と言われる始末。解熱剤と整腸剤を処方されました。

10/8(日)

解熱剤が効いたのか38.5度まで熱が下がりました。何食べても下痢で出て辛いので、食事の量を絞り始めました。夜中に腹痛で叩き起こされた上に吐き気まで出てきました。

10/9(月)

日中は平熱まで下がりましたが下痢が続きます。もう出すものもないはずなのに腹痛と水っぽい下痢だけは続くんですよね。夕方から微熱。

10/10(火)

症状変わらず。夜に吐き気が出ました。絶食を始めました。

10/11(水)

近くの総合病院の外来に行って、血液検査とエコー検査、尿検査を受けました。血液検査の結果は、CRP定量が3.5(基準0.3)と高値。これは炎症反応の度合いを示す度数で、この数値が高いと体のどこかで炎症が起きていることがわかります。「小腸のリンパ節が腫れています。ウイルス性の腸炎でしょう。他の臓器に異常はありません。」との診断でした。土曜日に行った病院でもらった整腸剤が効いてる気がしないので、違う種類の整腸剤を処方してもらいました。

夜、とうとう絶食に耐えられなくなり天一のチャーハンを食べたら案の定死にました。

10/12(木)

ようやく熱が下がりました。下痢も一番ひどかった時期に比べれば少なくなりましたね。

10/13(金)

やっと下痢が止まりました。大学にも少し行きました。全快です。

本来2、3日で治る病気らしいんですけど、多分バイトとカレーのせいで引きずった気がします。バイトやめたいです。